Home > アニメ > アニメ番外編 まんが原作について

<< | アニメ番外編 まんが原作について | >>

アニメ番外編 まんが原作について

2011.03.13 | Posted at 12:09 | Category: アニメ

まんが原作のアニメについて、書いておきたい。
 
アニメのお気に入り、ということで、ここで勝手に紹介しているが、まんが原作のアニメは、載せないと思う。
もちろん、原作が面白いからアニメ化されるので、「お気に入り」がないわけではないが、キャラがすでに固定されているので、その面の魅力がない。
まあ、声優でどうキャラが立ってくるかという楽しみはあるが、アニメ自体は面白くてあたりまえで、ここで紹介するまでもないと思う。
とは言いながら、マンガ原作で、これはおすすめ、というのを書いておきたいと思うのだ。
もちろん、個人的な好みだから、ベスト評価ではない。

①「鋼の錬金術師」
原作とは違うのだが、面白い世界を矛盾なく描いている。
「悪」が単純じゃない。
hagaren19s.jpg


②「ONE PIECE」
③「NARUTO」
どちらも、面白くてあたりまえ。
メインキャラがそれぞれ個性が強くて、声優が魅力を出している。

④「ドラゴンボール」
あんがい、アニメの方が、その魅力を堪能できるかも知れない。
db.jpg


⑤「エースをねらえ」
これは、原作にはかなわない。紙の絵の方が世界が広い。
とはいえ、良質の青春ロマン。

⑥「HUNTER HUNTER」
原作の方が、最後がダッチロールだったので、アニメで救われた作品。
プロット最高。

【番外の番外】
⑦「風の谷のナウシカ」
nausicaa

これは、原作とは別物と考えたほうが良い。
「アニメージュ」の原作は、そのスケール、世界観、キャラ立ちに鳥肌がたつ。
原作は、一度は読まれることをおすすめする。
とはいえ、ジブリの原点。

※最近、まんがを読まなくなったので、この程度かな。
「銀河鉄道999」とか「ブラックジャック」とか「タッチ」とか「めぞん一刻」とか「スラムダンク」とかは、紙の絵の方が、すごいな。
まあ、趣味のブログなので、あくまで趣味の世界ということで。

Pocket

<< | | アニメ | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment