Home > こうふくのえとせとら > 許しについて2 人間関係のつまずき

<< | 許しについて2 人間関係のつまずき | >>

許しについて2 人間関係のつまずき

2008.02.02 | Posted at 05:28 | Category: こうふくのえとせとら

13931602_T3
人間関係のつまずきというのは、まあ、最初から馬が合わない、気にくわない、苦手だ、ということもあるでしょう。
それにしても、まず自分が「気にくわない」という思いを発しているわけで、そこにすでに一つ原因があるわけです。もちろん相手にもそう思わせた原因はあるわけですが、口に出さなくても、そうした思いは伝わるのです。
顔で笑っていても不思議なことに伝わるのです。そうしていろいろと折り合いが悪くなっていきます。

ではこの場合、あなたには何の責任も問題もなかったのでしょうか。相手が自分にそう思わせたのだから、問題は向こうにあるということで良いのでしょうか。世の中にはたしかに「変わった人」と言うのはいます。自分だけの評価ではなく、何人かの意見が一致して「変なやつ」という部類の人はいます。ところが、自分からはそう見える人でも、仲の良い人や友達、好く言う人、かばってくれる人などがいるのです。これはどういう事かといえば、自分はやはり、その人の一面しか見ていないということなのです。

ある人を見て自分なりに一定の評価を与えたとしても、それは、その人のすべてを見たということではないし理解したということでもないのです。前にも少し書きましたが「この人はこうだ」と思った時に、同時に「いやしかしこれは、この人の一面しかみていないのだ、全部を知った上での判断ではないのだ」ということを思わなければなりません。

Pocket

<< | | こうふくのえとせとら | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment