Home > こうふくのえとせとら > 反省的瞑想

<< | 反省的瞑想 | >>

反省的瞑想

2008.02.02 | Posted at 04:10 | Category: こうふくのえとせとら

13931602_T3
「自分の心は自分で守らなければならない。あまりに人は無防備に過ぎる」と、前節で書いたが、何に対して人は無防備に過ぎるか。それは「自分を不幸にする考え方や行動、心の状態」に対して、無神経に過ぎるのだ。ダイヤモンドにつく泥に対して、無警戒で不注意だ。

反省的瞑想が心を平静に保つことに有効であり、心が平静であることが、心を輝かせておくことに必須であることは後ほど説明するにしても、まず心が外部的要因によって動揺をうけ、乱れ騒ぐということが「自分を不幸にする考え方や行動、心の状態」とどう密接に関係するかを説明したい。
心が外部的要因によって動揺をうけ、乱れ騒ぐというのを、一番単純で分かりやすい例で言えば、「人の言葉や行動に腹を立てる、傷つく、恨む、憎む、悩む」ということだが、これが「自分を不幸にする考え方や行動、心の状態」であることに気づかねばならない。多くの人は自分の心の姿に無関心であるように思う。野放図なままにして気にもかけない。

Pocket

<< | | こうふくのえとせとら | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment