Home > こうふくのえとせとら > 平等と公平

<< | 平等と公平 | >>

平等と公平

2008.01.23 | Posted at 01:25 | Category: こうふくのえとせとら

13931602_T3平等と言う言葉は心地が良いので、その中に潜んでいる魔性に気がつかない。この世はもともと不平等にできているのだから、完全なる平等などを求めたら、必ず無理が来る。
皆様に一律年間500万円差し上げます。そのかわり残りは全部国庫に入れさせていただきます。と言ったら、500万以上稼いでいる人は怒り出すだろう。それは、平等ではあっても公平ではないからだ。そのうち、多分その国は疲弊していくだろう。
努力して成功しよう、豊になろうという人がいなくなるからだ。遊んでいても、努力しても結果が一緒なら、努力するものはいなくなる。

階級制度の解消や弱者救済の思いには正義もあったが、富の平等分配はあきらかに幻想である。
単純に経済的側面や、一人一人の幸福の面からみて、結果平等は社会の混乱をまねく。

Pocket

<< | | こうふくのえとせとら | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment