Home > こうふくのえとせとら > 原因と結果

<< | 原因と結果 | >>

原因と結果

2008.02.02 | Posted at 02:29 | Category: こうふくのえとせとら

13931602_T3
たとえば、環境などというものが、そうすぐに変わるとは思えない。もって生まれたハンデにしても、努力だけではどうにもならないものも多いだろう。
いやな上司もおれば同僚もいる。失恋したとか、離婚したとか、嫁姑でうまくいかない家庭もあるだろう。旦那が酒飲みで、暴力をふるって、異性に目がないというのも、奥さんが浪費癖があって、料理が下手で、掃除もしないとか、子供が不登校児であるとか、ワルであるとか、事業が倒産しそうとか、借金で夜逃げしかないとか、癌の宣告を受けたとか。交通事故をおこしたとか。
心身のハンデにしても、先天的なもの、後天的なものを問わず、社会生活をいとなむことの苦痛は、はかりしれないと思う。
だが、それらは不幸の原因であろうか。
私たちは、外的要因に、何かの原因を探ろうとするが、それらは、結果であって、原因ではないことを知らねばならないのではないか。自分の今の状況がいかなるものであるにしろ、それは自らの選択と創造の結果ではないのか。

Pocket

<< | | こうふくのえとせとら | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment