Home > こうふくのえとせとら > 心の状態がすべてなのだ2

<< | 心の状態がすべてなのだ2 | >>

心の状態がすべてなのだ2

2008.02.02 | Posted at 02:34 | Category: こうふくのえとせとら

13931602_T3
心の状態がすべてだということは、自分をとりまく状況は、そう簡単には変わらないということが前提になっている。
環境が幸、不幸を別つことは否定出来ないが幸、不幸が環境に支配され続けることを肯定するなら、幸福への道はなかなかに遠いといわざるを得ない。
環境は克服され改善されなければならないが、それ以上に、人の心の荒野が克服され改善されなければならない。
人は人の心の偉大さに気づかず、荒地のまま放置して省みない。

Pocket

<< | | こうふくのえとせとら | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment