Home > PCな生活 > サブ機故障で、Skylake組み立てに2万円で挑戦。G4400・MSI H110M 。

<< | サブ機故障で、Skylake組み立てに2万円で挑戦。G4400・MSI H110M 。 | >>

サブ機故障で、Skylake組み立てに2万円で挑戦。G4400・MSI H110M 。

2016.09.30 | Posted at 12:00 | Category: PCな生活

サブ機の電源が寿命となりました。
電源だけ買うか、新規に組むか?
もともとジャンクで買ったパソコンで、Core2Quad Q9650・1TのHDD・メモリー4Gというお買い得。(このパソコンがQ9650の中古より安いというw)。
グラボだけは換装して、まだまだ現役でいけると思っていたが…。

PC組みたい病がムラムラと。何と言っても新品パーツが安い。

で、気がつくと以下のパーツをアマゾンでポチッとしていました。画像がいい加減で申し訳ない。

Intel CPU Pentium G4400 5,627円
2016-09-29-12-22-19-0900
正直、G4500と迷いましたよ。でも上位CPU値下がりまでのつなぎと、ゲームもやらないし、と言うことでこれに決定。買ったときは4000円ほど差があったし。

MSI Intel H110M GAMING 7,936円
2016-09-29-12-23-12-0900
まあ、ドラゴンのデザインがね、気に入った。スリムケースだから、値段から言ってあとはASRockしか選択肢はない。ASRockは2つ壊して印象が悪いので…。

TEAM DDR4 PC4-17000 DDR4 2133MHz (8GBx2枚) 5,980円
memory2
16Gはいらなかったけど、予算内なのでいいかなと…。これ8Gくらいにしておけば、G4500買えたな。

ケースは部品を取るのにジャンクで買ったパソコンの物を流用。
case
でかい箱は体力がなくなって来たので、サブを新規に組むならスリム型にしようと思っていた。
その含みもあってこのジャンクを買った。6000円。ケース流用とQ9650のために予備のLGA775マザーを取る目的で選んだ。カードリーダー・HDD・メモリーも完動品で他に流用。CPUは使い道なし。ケースファンは5cmがリアに2個。
スリムケースには初めて組むが、ストレージ用の骨組みが忍者屋敷のようで、しかも一度解体しないとHDDの増装が出来ない。

電源はこれも箱についている物を当面は使う。まあ300Wなのはしょうがない。
2016-09-29-12-17-58-0900
DVDドライブはつけない。(OSのインストール以外ほとんど使わないでしょ)
120GのSSDと250GのHDD(どちらも手持ちを流用)のみのシンプル構成。なにしろ300Wだからw。

OSは、これも遊んでいたWIN8。
結局、当座払ったお金は合計で19,543円也でした。
まあ、同じ程度のメーカー品が4万円ちょっとで買えるというのが少し悔しい。

組むのは難しくはなかったが、問題は組みあがってからのOSのインストールが大変だった。

システム用の120GのSSDは、ノートパソコンに入れたり、OSバックアップのクローンに使ったり、いろいろ使いまわしておかしくなっていたらしい。
WIN8のデスクを入れて、プロダクトキーを入れて、次へをクリックすると「新しいパーティションを作成できなかったか、既にあるパーティションが見つかりませんでした」となり、先に進めない。早速グーグル様のお世話になる。
見つけたのがこのサイト。

「新しいパーティションを作成できなかったか、...」エラーをどのように解決しますか?

http://www.disk-partition.com/jp/articles/we-cannot-create-a-new-partition.html

止まってしまったセットアップウィンドウを閉じて初期の設定画面に戻し、「修復」を選択して高度なツールに移動、コマンドラインを起動。(自己責任でお願いします。何があろうと責任はとれません。)

「diskpart」と入力。DISKPARTを開始します。
「list disk」 を入力してSSDディスク番号を識別。
「select disk 」 を入力。
「clean」を入力。
「create partition primary」を入力。
「active」を入力。
「format fs=ntfs quick」を入力。
「assign」を入力。
「exit」 を2回入力。

回復初期画面に戻るので、電源を切り最初からインストールにチャレンジ。
ところが、上記の手順でやると、GPTディスクがMBRディスクに変換されてしまうらしい(すみません。よくわからないので、いいかげん)

WIN8デスクを入れて、手順をすすめると、また同じ個所で今度は「このディスクに Windows をインストールすることはできません。選択されたディスクは GPT のパーティションの形式ではありません」のエラー。
まあ、これの修復方法は、わたしも知ってました。

上記と同じ手順でDISKPARTを開始。

diskpart
list disk
select disk
clean
convert gpt
exit

と言うことで、無事にインストール終了できました。
世の中、何があるか分からない。

ドライバーを入れ、各種設定を済ませ、いろいろ使ってみる。CPU温度、ケース温度ともに、全然上がりません。音も静か、と言ってもさすがに5cmファン2個は静音とは言えないけど。
サブ機を持つのはメインが壊れたときの予備としての安心代。TVで動画を観たり、メイン機がふさがっている時に書類仕事に使うくらいなのだが、パーツ選びと組み立てで十分楽しんだので良しとしよう。



Pocket

<< | | PCな生活 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment