Home > PCな生活 > マザーボード換装

<< | マザーボード換装 | >>

マザーボード換装

2011.01.27 | Posted at 04:52 | Category: PCな生活

pc.gif 左が5年間使ったパソコン。
MB・MSIK7N2M
CPU・Athlon XP2200
メモリー512M
電源200W
OS・XPSP3
ディスプレーを15インチから、24インチに換えたら、メモリーが、いっぱいいっぱい。
メモリーは2Gまで挿せるが、DDR SDRAM128ピンで、DDR3 の倍の値段がする。
ビデオカードを挿せば逃げられるが、電源が200Wで、ハードディスクも増設している。
ファンの音も、やたら騒がしくなって、やはり限界と見切りをつけた。
ここは、マザーボード換装しかない。
そうなると、ソケットの問題で、当然CPUも交換になる。メモリーと、CPUと、マザボ交換で、箱やDVDドライブなどは流用、電源は、この先のことを考えて400Wくらいのものに変えよう。
と考えたけれど、甘かったな。
2万円の予算を組んでいた。ドスパラでいろいろ見ていたら、安い。
どれもこれも、一昔前なら、中級の上くらいのパソコンが組める性能のパーツが、2万円で納まってしまう。
で、誘惑に負けました。


MB・ASRock 880GM-LE
CPU・Athlon II X2 Dual-Core 250
メモリー・DDR3 PC3-10600 2GB 2枚
電源・HuntKey Balance King 4000
HDD・Hitachi/IBM HDS721050CLA362
DVDドライブ・DVR-S7260LE



ハードディスクと、DVDドライブは、単にSATAのものを使ってみたかった(IDEコネクタが1口だけという理由もある)という理由で、安かったので購入。
箱は、ジャンクの800円で十分でしょう。
ということで、出来たのが写真の右のパソコン。
2万円ちょっとで、もたつきのない環境が手に入った。
オンボードのビデオチップでフルHD動画は少しきついが、まあ、カクカクせず、色もちゃんと出て、音もラグがなく、視聴中にポインタが自由に動く、というのでよしとしよう。
意外だったのは、ウエブのブラウジングのストレスがなくなったこと。
ブラウザのタブの開き、タブの閉じが軽快になった。
まあ、このコストなら、こんなもんでしょう。
パソコンの音が、静かです。
いままでのは、やっぱり騒音だったんだ。
それだけでも、ありがたい。


ちなみに、OSはクリーンインストール。
新しく買った500GのHDDに入れた。
再インストールなしに、マザーボードを換装できるという記事もあるが、ここまで環境を変えたら、まあ、オーソドックスにやるのに限るでしょう。
設定その他、面倒でした。
ちゃんと、バックアップを取っておかないから。
でも、昔とは、インターネットの回線速度が違うから、ウインドウズのアップデートにしても、ソフトのダウンロードにしても、あっという間で済む。
あれが、苦痛だったから、楽になったものです。
SP2とかSP3は、CDに焼いてあるけど、そんな必要もないな。
それにしても、パソコンというのは、最高のおもちゃだな。

Pocket

<< | | PCな生活 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment