Home > PCな生活 > WIN8リセット 愛用ソフトの再インストールの続き

<< | WIN8リセット 愛用ソフトの再インストールの続き | >>

WIN8リセット 愛用ソフトの再インストールの続き

2013.02.22 | Posted at 05:41 | Category: PCな生活

マイクロソフト オフイス

ワードエクセル

WIN8をリセットして、きれいになったパソコンにソフトを順番に入れていくのだが、メーラーとブラウザとを入れ、あとはofficeを入れてしまえば、とりあえずそれで仕事にはこまらない。

IMEだけは2010にしてあるけど、未だに本体は2003です。
WIN8のインストールの際、「アップグレード アシスタントレポート」というので、office2003は互換性なしと判定されたのだけど、今のところ、問題はない。

CDからのインストールはカスタムを選択して、Outlookは入れない。即、Windows Updateで、更新ファイルを落としておく。

もっとも、つぎに買うんなら、キングソフトで十分だな。

FFFTP

あとは、必要が生じたときにその都度入れていけば良いのだが、さっそく必要が生じて入れたのが、これ。↓
ffftp

このブログが動いている「さくらインターネット」のほかに、あとサークル用のが別サーバーで2個ある。
で、ホームページの更新の必要があって、あれ、FFFTPが無いぞとあわてる。

インターネット接続を初めて設定した時のプロバイダーがniftyで、最初の接続設定がわからん。ホスト名とか、ユーザー名とか、プロバイダーの言い方が違っていて、初心者(わたし)はパニックだ。
やっと設定が済んでも、niftyはCGIがルートと別フォルダーだったんだよね、苦労した思い出がある。

当時、KENTさんのYYBBSというのを使わせてもらって、KENTさんのところで、ファイルのアップ方法やniftyの扱いを、だいぶ勉強させてもらいました。ああ、懐かしい。いまも、このブログのカウンターはKENTさんのところのを使わせていただいている。情報量がはんぱじゃないサイトさん。

クリップNOTE

クリップ

と言うわけで、そうだ、そうだ、また必要に迫られた。
文書を書いたり、メールを打ったり、ログインフォームにペーストしたり、重要な情報をコピーしたり、大活躍のクリップNOTE

連続コピーできて、履歴から貼り付けできるだけじゃなく、保存先を複数選べて、そこからも貼り付けできる。まあ、類似のソフトは多いが、相性が良くて、長いこと使っている。無いと困るが、最近フリーズする。WIN8との相性じゃなくて、最近入れたアプリとの競合のせいじゃないかと思っている。とにかく働き者です。

さくらエディター

さくらエディター

と、そうこう言ってるうちに、OSも新しくなったし、放置ブログも、デザインを変えてリニューアルしょうかなと思いつく。で、テンプレートを修正しまくるわけだが、どうしてもテキストエディターがいる。
ブログだから、ブラウザで全部済むだろう、と言わないでね。わたし、違うところを書き換えたり、必要なものを削除したりするのね。で、バックアップしとかないと心配で心配で。

現在のテンプレートをテキストエディターにコピーしとけば、すぐ参照できるし、間違ってどうにもならなくなっても、元に戻せる。大きく変更する度に、コピーを続けていけば、履歴が残っていって安心。
いつでも、ある時点に戻せる。しかも、文字列の検索が簡単。で、そんな用途にはタブ式エディターがピッタリ。
さくらエディターです。どんどん機能が増えて、進化しているのに、重くならない。

テキストエディターの思い出

はじめてパソコンを買って、テキストファイルをクリックするとメモ帳が起動する。メモ帳だから、一時的なメモをしたり、拾った文章をペーストしてテキストファイルで保存しておくところまでだろう。
テキストファイルをクリックして開くからには、読む、時に編集する、コピーする、という目的がある。さすが、初心者の私もメモ帳には腹が立った。

で、最初に使ったのがTeraPad。これを、テキストファイルに関連付けるという作業が、私がパソコンの中身を覗いた最初だった。98SEの時で、初心者には一仕事だった。でも、テキストファイルをクリックして、TeraPadが起動したときは、感動。

そう言えば、TeraPadのおもしろヘルプのでるふぃさんはどうしてるかな。
2001年頃、ホームページにリンクを張らせていただこうとメールを出したら、丁寧なお返事を頂いた。あったかく、ユーモラスで、誠実な感じがした。

テキストエディター関連

テキストエディターつながりで、以下のものもインストールする。
         
  • O’s Editor2(原稿書き シェアウェア)

  • EcoNoteIII(テキストの分類・整理・保管)

  • Crescent Eve (ブラウザ右クリックのソースを見るで開くエディター)

  • Nami2000(アウトラインプロセッサとしては軽いのでネタ帳)

  • Light Write (日記・メモ・Todo)

閲覧・編集・新規保存などファイルの保存先は、必ず(C)ドライブ以外にフォルダを指定することにしている。

Light Write

メモ帳

「Light Write
」は保存処理がいらない。書いて閉じれば新規でも、上書きでも自動で保存される。タブ式で項目が分けられて便利だし、パッと書いて、何も考えず終了で快適。おススメです。

任意のテキストエディターで閲覧中のソースを表示する

※ファイヤーフォックスで「ページのソースを表示する」のに「任意のテキストエディター」を設定する方法。
♪ http://ref.layer8.sh/ja/entry/show/id/394
(Dafizilla ViewSourceWithというパッチをあてる方法)

♪ http://blog.beatemotion.org/2008/1019_2355.html
(手動で、about:configから設定する方法)

わたしは、手動でやりました。ああ、Crescent Eveのきれいな表示。

ClipToTex

で、あと一点だけ、テキスト関係で、お気に入りソフトがある。
ClipToTex。ソフト名で検索しても、作者名で検索してもヒットしない。で、再配布の許可をいただくメールを出しているところだ。2002年に配布されたアーカイブのreadmeのアドレスだからメールが生きているかどうかもわからない。

ClipToTexの何がいいかと言うと、インターネットの閲覧中でも、PDFやテキスト系ファイルでも、選択コピーしたら、即、タスクトレイにあるClipToTexのアイコンをクリックしてやる。
そうすると、その内容のペーストされたテキストファイルが、デスクトップ上に出現する、と言うソフト。
ページ丸ごとなら、紙copiを使う。
ClipToTexの良いのは、あとから読み返して不要なものは即削除、残すものは個別のファイルとして管理、保管できる点だ。

紙CopiLite

紙コピー

I.Eからファイヤーフォックスに変えて、一番こまったのが、この紙コピーが使えなくなったこと。
こまっていたら、紙コピーを有効にするアドオンが提供されているのが見つかって、助かりました。

Firefoxアドオン for 紙copi

作業中に訪れたサイトさんが面白くて、あとから全部の記事を読みたいと思ったり、活用できそうな記事があるが、今はゆっくり読んでいられないと言うとき、画面上で右クリックのコンテキストメニューから、ページ全体とか、選択範囲とか保存できる。

保存先の「箱」もジャンルに分けて作っておけば、ジャンル別に保存できて便利この上ない。CopiLiteはフリーだが、保存目的なら十分な仕事をしてくれる。

紙CopiLite


おっと、WIN8リセット後の復旧作業の話が、愛用ソフトの紹介記事になってしまった。ま、いいか。

Pocket

<< | | PCな生活 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment