Home > 政治・経済・社会 > 民主党は、尖閣諸島を中国の領土と認める。

<< | 民主党は、尖閣諸島を中国の領土と認める。 | >>

民主党は、尖閣諸島を中国の領土と認める。

2010.09.25 | Posted at 09:01 | Category: 政治・経済・社会

今回の尖閣諸島事件について、書いておきたい。
尖閣諸島海域での、中国漁船の領海侵犯、不法操業、停船命令拒否、接触事故、それにともなう、漁船拿捕、船長の逮捕、拘留という一連の事件を、中国政府は、「領土問題」として、実に巧妙に戦った。
漁船船長を起訴するかどうか、どのような形で釈放するか、ということは、政治の問題であり、検察がどうこうできる事ではない。
だから、政治的判断で、船長を釈放するということも、可とされてよい。
ただ、今回の釈放は、最悪のタイミングであり、日本側の、外交センスのなさを、あらためて露呈した。
戦略、戦術ともに、中国に敗れたという印象だけが残る。
「尖閣諸島は中国の領土であり、船長逮捕は不法である」というのが、中国の主張である。
領海侵犯、不法操業、停船命令拒否、と船長逮捕から拘留までの日本の処理は、国家主権の正当な発動である。
不法なことは、何一つない。
したがって、問題なのは「中国の領土で逮捕、拘束された」という、中国側の主張である。
その主張を、日本は、全面的に受け入れたという印象を、内外にうえつけた。
領土問題で騒ぎになる前に釈放する、ということをせず、ここまでひっぱったのなら、船長起訴、罰金の課金、本国送還で、問題はなかったと思う。
それが、世界の常識である。
その間、中国との関係が悪化する、というが、悪化して困るのは中国の方である。
日本はあくまで、尖閣の領有を確保し、領海侵犯に対する正当な処理を行なった、という事実だけが残り、それは、中国にとって、まことに不利なこととなる。中国も、手詰まりだった。
そこまで、詰めておいて、するりと逃がしてしまった。
結果、尖閣諸島は中国の領土であるということを国連で効果的に宣伝され、海外のメディアでも、日本人はチキンであると言われる。
要するに、「民主党は、尖閣諸島を中国の領土と認めた」。


この事件に関連して、数点、備忘としておく。
1.尖閣での、ガス田問題。
2.菅、仙谷ラインの基本姿勢は尖閣の中国への割譲にあること。
3.検察が「政治判断」することの是非。
4.中国の、国際常識を無視したやくざ的報復処置。
5.中国への、資源、経済依存のリスク。
6.沖縄までを領土であると中国が主張していること。

Pocket

<< | | 政治・経済・社会 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment