Home > 政治・経済・社会 > 沖縄。隷従への道。

<< | 沖縄。隷従への道。 | >>

沖縄。隷従への道。

2010.11.26 | Posted at 08:24 | Category: 政治・経済・社会

米ワシントン・ポスト紙は20日、米軍普天間基地問題に大きな影響を与える沖縄県知事選について、「選挙結果は日米同盟をゆがめる恐れがある」との懸念を示しています。
那覇市内では沖縄県知事選挙を戦っていますが、「県外・国外移設」「脱基地」「米軍基地撤去」などを訴える街宣や看板が日に日に増しており、「日米同盟」が危機に面している。
というレポートを読みました。
普通に考えるなら、いま日米同盟に亀裂を入れてはならないことは、はっきりしている。
軍はもてない、戦争は出来ない、自衛隊は違憲という憲法9条を今すぐ改訂することは出来ないのだから、まだ、10年、20年は、米軍が必要なのは、分かりきったこと。
しかも、「自衛隊もいりません」という人たちが、沖縄で活動している。
「県外・国外移設」と言っても、行き先がないのだから、普天間の危険を先延ばしする、無責任な発言だ。
冷静に考えたら、選択肢は日米同盟強化しかない。
左翼のプロパガンダや、感情に支配されて、選択を誤った場合、中国への隷従の道を、一歩踏み出すことになる。
沖縄の方々が、冷静な判断をされることを、祈りたい。

Pocket

<< | | 政治・経済・社会 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment