Home > 政治・経済・社会 > 憲法第9条 適用除外論

<< | 憲法第9条 適用除外論 | >>

憲法第9条 適用除外論

2011.02.16 | Posted at 07:16 | Category: 政治・経済・社会

慶応大学教授
小林 節氏
2月15日付け新聞コラムより
(ほとんど、転載)
【興味深い幸福実現党の憲法9条論】
「わが国の最高法である憲法は、国家の行動規範として、次のように定めている。
(1)日本国民は、…平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を維持しようと決意した。(憲法前文)
(2)その上で、戦争と…武力の行使は…永久に…放棄する。そのため、…戦力は…保持しない。(第9条)
法令の条文の解釈は前文等に明記されたその立法趣旨の制約を受けて行われるべきもの・・・。
だから。
わが国が、その公正と信義を信頼できる国に対しては決して戦争に訴えないが、信頼できない軍国主義国家に対しては、屈せず、自衛権を行使する…。
と宣明することによりわが国の独立を保持することは、憲法と矛盾しないのではなかろうか。
改憲までの間、解釈・運用で国の独立を守る。
つまり、理想・基本方針としては上に引用した前文と9条は否定しないが、現実にその「公正と信義に信頼」できない諸国に対してだけは「戦争と武力の行使を放棄」せず「そのための戦力は保持」する…とする。
(引用ここまで)
つまり、「憲法9条の適用を除外する」という、付帯条項だけで、ミサイルが飛んできたときに、自衛隊が、即対応できるようになる…。
と言うことだろうか?
もしそうなら、自衛隊をを縛っている制約が、かなり改善されるし(たとえば、集団的自衛権)
戦わなくても、戦力の行使に憲法上の制約が無いとなれば、「公正と信義に信頼」できない諸国に対して抑止力になる。


【集団的自衛権】
たとえば、友達と二人で歩いていて、その友達が、誰かに襲われたとする。
そのときに、その友達を助けるために、自分も、その暴漢と戦うことが出来る。
というのは、権利でも何でもなくて、当たり前の常識だが、現行の憲法下では、その常識が通用しない。
アメリカ海軍と自衛隊艦とが、併走していて、アメリカの軍艦が攻撃を受けたとき、自衛隊艦は黙って見ていなさい、という制約が憲法にはある。
ばかな話だ。

Pocket

<< | | 政治・経済・社会 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment