Home > 政治・経済・社会 > 消費税率引き上げでは財政は救えない

<< | 消費税率引き上げでは財政は救えない | >>

消費税率引き上げでは財政は救えない

2009.07.24 | Posted at 11:57 | Category: 政治・経済・社会

1989年、消費税がなかった時代に、税収は60兆円、1997年に消費税5%に上がりましたが、なんと昨年は税収53兆円。7兆円ほど減っています。
導入する前の方が税収あった。政府はこの20年間の財政政策の失敗を国民に押し付けている。
消費税を上げて歳入を20年で7兆円減らした財政政策の失敗がある。
さらに民主党は、耳障りのいい「バラマキ政策」の尻拭いで、4年後には消費税率を3倍にすることを考えていると聞く。
日本人は貯蓄や倹約が善、消費は悪と見る思想を江戸の昔から持っている。
このような文化風土の国に、そもそも消費税は合わない。
にも関わらず、財源のために消費税率をさらに上げたなら、消費マインドが冷え込み、経済はガタガタになる。
こんな簡単なことが、自民党にも民主党にも分からない。

Pocket

<< | | 政治・経済・社会 | | >>

Trackback URL

Trackbacks

Comments

comment